義肢装具士 ルダシングワ夫妻×All About Africa 【ルワンダ虐殺から学ぶ一夜限りの勉強会!】

Description
義肢装具士 ルダシングワ夫妻×All About Africa
【ルワンダ虐殺から学ぶ一夜限りの勉強会!】
〜ルダシングワ夫妻による講演会〜


[講演内容]

ルワンダの基本情報
ルワンダ虐殺の歴史
現在のルワンダについて
義肢装具士としての活動の紹介
今後の展望


ルワンダ虐殺の歴史をたどり理解を深めながら、お二人の活動について学び、多角的にアフリカについて勉強していきましょう!

【講演者プロフィール】

-ルダシングワ(吉田)真美
1963年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
英語の専門学校卒業後、約6年間特許法律事務所やその他企業でOLをする。
1989年ケニア・ナイロビにあったスワヒリ語学校に半年間留学し、その後東アフリカを旅行中に、現在の公私のパートナーである、足に障害を持つルワンダ人、ガテラ氏と出会い、ルワンダ大虐殺やルワンダの障害者の状況を聞き、義肢装具士になることを決意、1992年より横浜の義肢製作所に弟子入り、約5年間の修行後、義肢装具士の国家資格を取得。
1995年大虐殺後のルワンダを調査し、1996年ガテラ氏と共にムリンディ/ジャパン・ワンラブ・プロジェクトを設立、翌年には首都キガリ市に義肢製作所を設け、義肢装具の製作、義肢装具士の育成、障害者スポーツの普及・障害者に対する職業訓練などの活動を進めている。




-ガテラ・ルダシングワ・エマニュエル
1954年、ルワンダ共和国キガリ市ギソジ生まれ。
幼い頃、病気の治療ミスのため、右足が麻痺した。1959年ルワンダ大虐殺が始まったころ、障害を負っているため自力で逃げることができず実の母親から見放され、ベルギー出身のカトリック神父が設立した障害者の施設で育つ。その施設で様々な恩恵を受け、その神父の「私がしたことに感謝する必要はない。その代わり弱者に対して手を差し伸べる気持ちを持て」という意思を引き継ぎ、現在の活動を進めている。
1980年代、ルワンダの紛争を避けるためにケニアに逃れ、アフリカ民芸品を卸しながら過ごし、パートナーの吉田真美と出会う。ケニアでは難民として日々を過ごしていた。
1994年のルワンダ大虐殺終結後、ルワンダに戻り、1996年NGOムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクトを設立。現ルワンダ事務所代表。
障害者に義肢装具を提供すると共に、障害者スポーツの普及に力を注ぐ。2020年の東京パラリンピックに出場するための練習を続けている。



活動の賞歴
1996年:生活クラブ生協・神奈川「キララ賞」
1999年:国際ソロプチミスト中央リジョン
2000年:(財)日本顕彰会
2004年:毎日国際交流賞
2004年:公益信託中田厚仁記念基金
2007年:(財)長岡市米百俵賞
2008年:保健文化賞
2008年:エイボン女性賞
2012年:ソロプチミスト社会ボランティア賞
2013年:神奈川チャリティアクションキャンペーン
「共感発信プロジェクト」グランプリ受賞
2013年:シチズンオブザイヤー賞
2016年:ReadyFor of the Year 2016 Global Challenge賞
2017年:外務大臣表彰
2017年:地球倫理推進賞・文部科学大臣賞
Sat Dec 1, 2018
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
みんなの会議室 神保町
Tickets
学生チケット ¥1,500
一般チケット ¥2,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 30, 2018.

Venue Address
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目 Japan
Organizer
最新アフリカ総合ウェブメディア ALL ABOUT AFRICA
10 Followers